STORY


とある夜。一人の納棺師が、荘園の門をくぐる。

招待状を手掛かりにこの地を訪れたという彼は、
先住者たちから信じられないことを教わるのだった。

その一、この荘園からは二度と出られない。
その二、恐ろしいハンターを相手にした特別な『ゲーム』が毎日開催されている。
その三、『ゲーム』への招待状が届いたら参加は決定。逃げられない。

覚悟も準備もなく巻き込まれることとなった納棺師は、
初めてのゲームで冷徹なハンター、写真家ジョゼフと出会うのだった。



ページトップへ